オリックス銀行のカードローンの審査、前の勤務先を書くのは危険?

オリックス銀行のカードローンの特徴は、安定した収入源を持っていることです。例えばそれまで長く勤めていた会社を辞めたばかりの人が、このオリックス銀行でカードローンを申し込むとします。そこで勤務先として、つい最近まで勤めていた会社を審査登録の際に書くとどうなるのか気になるところです。確かにそこでは、安定した収入を得ていたかもしれませんが、今では当然ながらそれは無いわけです。そしてオリックス銀行では、審査のために必ず在籍確認を行います。つまり、勤め先に電話をかけて、申込者がいるのかを確認するわけです。当然ながら前に勤めていた会社に電話がかかってきても、それを受けることはできないわけです。つまり、それでは審査は通らなくなります。また、そのような行為を行うと、信用に傷がつくことになるので注意が必要です。というのも、過去に滞納した経歴を持つと、その記録は金融機関の間で共有されるので、新たなカードを作成できないのは周知のことです。けれどもこのように、申し込みに対しての審査に落ちるということも、金融機関の間で共有されます。そしてそれが一定期間の間に何回か繰り返されると、要注意人物としてマークされることになります。何かしらの事情があってお金を必要としていると判断されます。もちろんそれはマイナスイメージとしてのものなので、どの会社へ申し込んでも通らなくなってしまうのです。そのために、きちんと正直に勤務先を書くということが必要となるわけです。
http://oriban-shinsa.info/