デビットカードとEdyは何が違うのか

現金を持ち歩くという煩わしさがなく、多くのお店で利用することができる、デビットカードやEdyが人気になっています。カード一枚差し出すだけで、ほとんどの商品を購入することができますので、多くの人がこれらのカードの作成を行っています。
デビットカードとEdyの違いはそのカードに入金する方法が違います。デビットカードは銀行の口座から直接お金を引き落としてしまいますので、デビットカードを作った口座に入金しておくことが利用するときの前提条件になります。口座に残高がないときには利用することができません。
一方のEdyは、入金をする機械でお金をカードにチャージすることで利用することが可能になってきます。チャージする機械はコンビニやデパートなど多くのお店に設置してありますので、その機械にお金を投入することで利用が可能になってきます。いずれのカードも口座に入っている金額、機械でチャージを行った金額の範囲内で利用することが可能です。
最近ではEdyを利用して飲み物が購入できる自動販売機も登場してきていますし、これらのカードを利用して一定の金額以上利用すると、金融機関からキャッシュバックが行われたり、利用したお店のポイントが多くなったりといろいろなサービスをこれらのカードを利用することで、受けられるようになっています。利用をすることで大変にお得なカードになっていますので、ぜひともお財布の中に入れておきたいカードになっています。
デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)はこちら